第9回:【人狼②】メンタルに自信のない「人狼」が役職者を騙って楽しむ方法


◆「預言者騙り」初日からで大丈夫!
◆初日の襲撃先はどうするか。
◆狙っていきたい「2日目 5CO」状態。

みなさんこんにちは。
役職者を騙った後のことをあまり考えていない男、おおのです。

さて、前回まででいわゆるアルティメット人狼ルールにおける役職の
基本的な考え方を一通り書きました。

今回からいよいよ中級者向けの内容も混ぜて書いていきたいと思います。

◆「預言者騙り」初日からで大丈夫!

初心者の「人狼」ほど役職者を騙った方がよいという話を
第1回で書きました。

(参考:【人狼①】メンタルに自信のない初心者が「人狼」を引いても楽しめる方法。)

ここでは役職者を騙るだけで、村に確実な役職者を特定させることが
できなくなる、というメリットを上げさせていただきましたが、
それ以外にも初心者には大きなメリットがあります。

それは
・「騙る」ことで村の議論で話をするきっかけが作りやすくなる。
ということです。

初心者の「人狼」ほど村の議論では話すことができず、
緊張してしまって、何も話すこともなく投票の時間を迎えてしまう、
ということがよくあります。(特に初日。)

そういう自覚がある方はぜひ初日から「預言者」を騙ってみていただきたいと思います。
なぜ「預言者」がオススメかというと、

①まず初日に吊られることがなくなる。
②初日の白出し先を「人狼」仲間を指定すれば守れる。
③「わたし預言者です!」と話すことができる。
④真の「預言者」の信用を50%まで下げられる。

①の「まず初日に吊られることがなくなる。」、
これが理由としてめちゃくちゃ大きいです。
なぜなら情報が全くない初日はあなたを偽物だと断定できる要素など
何一つないからです。
ましてや初心者なら村のみんなは守ってくれるでしょう。

そしてあなたが「預言者」を騙るといずれ真の「預言者」が
名乗りを上げてきます。(「狂陣」も名乗りを上げる可能性があります)
いずれにせよ対抗COしてきた以上は敵とみなし、徹底的に戦って大丈夫なのですが、
対抗COの話ばかりすると村の議論を邪魔する場合があるので戦いすぎには注意が必要です。
(村人は預言者COの中に偽物がいるのはわかるから他の話をしたい)
④のとおり、あなたが騙ったことで真「預言者」も信用は50%まで落ちています。
とりあえずはそれで満足しましょう。

では「霊媒師」騙りはどうでしょうか。
初日に限定すると僕はあまりオススメしません。
なぜならば対抗の「霊媒師」がCOしてくると
「霊媒師ローラー」(※1)される恐れがあるからです。

※1「霊媒師ローラー」:カミングアウトした霊媒師を全員吊ることで、
確実に「人狼」か「狂陣」を減らす村人陣営の作戦のこと。

初心者の方が初日から騙るのであれば断然「預言者」騙りがオススメです。

◆初日の襲撃先どうするか?

あなたが「預言者」騙りをした場合、初日の襲撃先候補としては
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・初日の議論で何も役職CO(村人CO含む)をしなかった人。
・でも何か役職を持ってそうな雰囲気がある人。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この条件にあてはまる人を狙うのがオススメです。

それはなぜか?

その理由を知るために
ぜひ初心者の方に覚えてほしいことがあります。

・2日目以降に生きている役職者は絶対に「真」とは言えない

ということです。
何言ってんだこいつ、と思ったあなた。まあ聞いてください。

初日というのは全役職者が生きています。
(当たり前ですが)
しかし初日の投票で1人吊られ、初日の夜に1人襲撃で追放されます。
つまり「あの人もしかして役職何か持ってたんじゃない?候補」が
2人生まれるということです。

ただし、「初日に吊られる」のと「初日に襲撃される」のは
それぞれ性質が違います。

1⃣初日に吊られる人
・危なくなったら投票時に役職者を騙るチャンスがある。

2⃣初日に襲撃される人
・初日の議論で潜伏を決め込むと、村人陣営に役職者であったと伝えることができない。

というわけで、何が言いたいのかと言うと、
2⃣の「初日に襲撃される人」は2日目以降、「あの人は一体なんだったのか?」という
ネタとして常に使えるということです。これは定跡として覚えておきましょう。

ここでのポイントは「初日に襲撃された」ということです。
中級者以上になると、役職(預言者・霊媒師)を引いても、初日は潜伏をして
2日目以降でCOしたい人が多いため、
「初日に襲撃される」事故が起こることがよくあるのです。

2日目まで真「預言者」や真「霊媒師」が潜伏して襲撃されてしまうのは
大変レアケースなのであまり真役職候補としてはあがることはありませんが、
初日に襲撃されてしまった人は結構な確率で真「預言者」、
真「霊媒師」であることがあります。ここを利用するのです。

どのように利用するのかというと、
あなたが偽「預言者」なので、占い先の結果に以下のような状況になることがあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・あなたが「黒出し(人狼判定)」した村人を吊った翌日、「霊媒師」が「白判定」をした。
・あなたが「白出し(人狼ではない判定)」した村人を吊った翌日、「霊媒師」が「黒判定」をした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この「霊媒師」が1人しかCOしていないなどの理由で真として見られている場合、
あなたが破綻しているので、一見ピンチですが、そういう時に思い出してください。
そう「初日に襲撃した人」のことを。

破綻させられた以上、今いる「霊媒師」を偽物と断定し、
「真『霊媒師』が潜伏していないのであれば、
初日に襲撃されてしまった〇〇さんが真『霊媒師』です!」
と言い切りましょう。

他のプレイヤーからは「まあそう言うしかないよねー。」と
言われてしまうと思いますが、
「でも本当にそうかもしれない」という思いは絶対に残ります。
(村人目線、本当にその可能性があるからです。)

もちろん初日の襲撃先に対抗の「預言者」
(真「預言者」もしくは「狂陣」)を
指定するのもちろんアリなのですが、
それはせっかく騙った仲間(もしくは自分)を
犠牲にすることになります。
また人狼ゲームの真の醍醐味は「ライン戦」
(真「預言者」真「霊媒師」と偽「預言者」偽「霊媒師」の信用勝負)を
制することにありますので、ぜひトライしてみてください。

◆狙っていきたい「2日目 5CO」状態。

さて、ここからは中級者向けの内容となります。

「人狼」を引いた時、誰もが
・「人狼」があと何回吊りを回避すれば人狼が勝つのか?
ということは意識していると思いますが、
中級者以上の「人狼」の方には
もうひとつ意識してもらいたいことがあります。

それは
・村人陣営が無難な投票をできなくするためにどうしたらよいか?
ということです。

人狼ゲームには「無難な投票」というものが存在します。
代表的なものはやはり「霊媒師ローラー」ですね。

では「霊媒師ローラー」を例にあげてみましょう。
適切なタイミングは一体いつでしょうか?

2COの「霊媒師」をローラーしたケースで考えてみましょう。
当然ですが2人の霊媒師を吊るのには2手(2日)かかります。
―――――――――――――――――――――――――――――
①1日目からスタートした場合
1日目 残りプレイヤー13人、「霊媒師CO1」の人吊り、村人襲撃1
2日目 残りプレイヤー11人、「霊媒師CO2」の人吊り、村人襲撃1
3日目 残りプレイヤー9人のうち「人狼」最大3

②2日目からスタートした場合
1日目 残りプレイヤー13人、村人吊り1、村人襲撃1
2日目 残りプレイヤー11人、「霊媒師CO1」の人吊り、村人襲撃1
3日目 残りプレイヤー9人、「霊媒師CO1」の人吊り、村人襲撃1
4日目 残りプレイヤー7人のうち「人狼」最大3

③3日目からスタートした場合
1日目 残りプレイヤー13人、村人吊り1、村人襲撃1
2日目 残りプレイヤー11人、村人吊り1、村人襲撃1
3日目 残りプレイヤー9人、「霊媒師CO1」の人吊り、村人襲撃1
4日目 残りプレイヤー7人、「霊媒師CO1」の人吊り、村人襲撃1
5日目 残りプレイヤー5人のうち「人狼」最大3(人狼勝利)
――――――――――――――――――――――――――――――
人狼陣営が一人も吊れていない状態で3日目から「霊媒師ローラー」しても
間に合わないということがこれでわかります。
極端な話をすると、3日目まで「人狼」が3人残った状態で
「狂陣」が「霊媒師」COをして「霊媒師ローラー」する
流れになれば人狼陣営必勝ということです。

しかし、3日目までいくと、さすがに真「預言者」が誰が
「白」(もしくは「黒」)という情報が出ているでしょうし、
村人が最悪の事態を想定した動き
(2日目から「霊媒師ローラー」を開始するなど)ができてしまいます。
ではなるべく早く村人陣営が無難な動きをできなくするためには
どうしたら良いでしょうか?

それは
・2日目に「預言者」「霊媒師」合わせて5COの状況を作る
のが最速です。

5COというのは「預言者」3CO、「霊媒師」2CO
もしくは「預言者」2CO、「霊媒師」3COのことです。
「預言者」4、「霊媒師」1などはダメです。
(1COの役職者が確定してしまうため)

「預言者」「霊媒師」合わせて5COするとその中に
偽物が3人いるということになり、
最低2匹の人狼が入っているため、
いずれ役職者の中から吊らなければ村人陣営は勝てません。
しかし、複数の役職者がCOしているということは
確実な真「預言者」真「霊媒師」を絞ることは
「村人」にはできず、ましてや「村人」全員が
意志を合わせて「預言者」「霊媒師」の
真を決め打つことはなかなか難しくなります。

では無難に役職者をローラーするとどうなるでしょう。
5CO全員吊ると、一見人外が3匹(人狼2、狂陣1)吊れるので
無難な手かと思いきや、以下のような形になります。

※便宜上「霊媒師」→「預言者」の順にローラーします。
―――――――――――――――――――――――――――――
①1日目からスタートした場合
1日目 残りプレイヤー13人、「霊媒師CO1」の人吊り、村人襲撃1
2日目 残りプレイヤー11人、「霊媒師CO2」の人吊り、村人襲撃1
3日目 残りプレイヤー9人、「預言者CO1」の人吊り、村人襲撃1
4日目 残りプレイヤー7人、「預言者CO2」の人吊り、村人襲撃1
5日目 残りプレイヤー5人、「預言者CO3」の人吊り、村人襲撃1
6日目 残りプレイヤー3人のうち「人狼」1

②2日目からスタートした場合
1日目 残りプレイヤー13人、村人吊り1、村人襲撃1
2日目 残りプレイヤー11人、「霊媒師CO1」の人吊り、村人襲撃1
3日目 残りプレイヤー9人、「霊媒師CO2」の人吊り、村人襲撃1
4日目 残りプレイヤー7人、「預言者CO1」の人吊り、村人襲撃1
5日目 残りプレイヤー5人、「預言者CO2」の人吊り、村人襲撃1
6日目 残りプレイヤー3人、「預言者CO3」の人吊り、村人襲撃1
7日目 残りプレイヤー1人のうち「人狼」1(人狼勝利)―――――――――――――――――――――――――――――

このようになります。

2日目から役職者ローラーすると間に合いそうですが、
全然間に合ってないんですね。
つまりどこかのタイミングで役職者を決め打たないと村人陣営は勝てません。

しかし「村人」は確実な情報を持たないため、
全員が意志をそろえて真「預言者」真「霊媒師」を
決め打つのは難しいのです。

(対して「人狼」は答えを知っているので、投票の意志を固めやすい。)

そういうわけで2日目に役職者が5COしている状態というのは
もうすでに人狼陣営が一本取った状態になっているわけです。
ぜひ覚えて活用したいですね。

いかがでしたでしょうか。
「人狼」を引いて役職者を騙って勝つのは
仲間にも感謝されて後味も大変良いので
オススメです。ぜひ体感してみてください。

次回は人狼ゲームにおける
禁断の手法「ライン切り」について書いてみたいと思います。

◆本日のまとめ
・「人狼」が初日に騙るなら「預言者」がオススメ。
・初日の襲撃先は後々言い訳に使えることを覚えておこう。

・「2日目 5CO」状態を狙っていこう!

↓参加しましたので一押しいただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
自動サイズレスポンシブ1
自動サイズレスポンシブ1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする